乳酸菌サプリで体の内側からキレイに変身しよう

糖尿病と付き合う為に

サプリメント

医師からヘモグロビンa1cの数値が高いと指摘された場合は、すぐに食生活の内容を見直すことが大切になってきます。意外なことですが、ヘモグロビンa1cの数値は毎日の食生活を改善することによって下げることができる数値です。ヘモグロビンa1cの数値を下げるのに良い食品類には、納豆や玉ねぎ・ブロッコリーなどの野菜類やしじみなどの魚介類があります。これらの食品には豊富にミネラルが含まれているので特に積極的に食べたい食品類です。また、田七ニンジンや高麗ニンジンなどの成分もヘモグロビンa1cの数値を下げる効果があるのでお勧めです。田七ニンジンや高麗ニンジンは、生のものは手に入りにくいのでそれらの食材を加工してサプリとして販売されているものを活用してみましょう。

ヘモグロビンa1cの大きな特徴は、1ヵ月から2ヵ月の血糖値の変動を知ることができる点にあり、過去の血糖値の変動の平均値を知ることができます。今までの血糖値の検査だと、検査前に食事内容を変えておくだけで血糖値を低く見せることができ、見かけ上は血糖値が正常値にあると見せることができます。しかし、ヘモグロビンa1cは過去の1ヵ月から2ヵ月の血糖値の平均値を知ることができるので、検査前に食事内容を変えてもヘモグロビンa1cを調べることで血糖値の本当の値を知ることができます。そのことから、糖尿病の診断の基準として使われており、正確な血糖値を知りたい場合などに調べます。ちなみにヘモグロビンa1cの数値が6.5%以上あれば糖尿病と診断されるので数値には注意が必要です。